• トップ

騒音・振動という課題

建設会社の騒音・振動対策

LINEで送る

建設会社を選ぶ際のポイントとは

建設会社を選ぶ際には騒音・振動対策もしっかり行う業者を選択することで、効率的に工事を行うことができます。工事現場ではブルドーザーやバックホウなど様々な機械が使用されており、必然的に大きな騒音や振動が発生します。日本では騒音規制法と振動規制法によって工事現場で発生する騒音と振動の大きさが規制されています。環境省が定める基準では騒音が85デシベル、振動が75デシベルまでです。そのため工事を行う場合にはそれ以上の騒音と振動を防ぐ必要があります。建設会社が工事を請け負う場合に、しっかりとした騒音・振動対策を施す業者であれば近隣の住民とのトラブルを回避することができます。一定以上の騒音・振動による被害のために裁判となる場合もあり、慰謝料や損害賠償が必要となることもあります。そのため騒音・振動対策を確実に行っておけば、トラブルを回避することができ結果としてコストを削減することが可能なのです。顧客が業者を選定する場合、効率的に工事を行うことができるかどうかが基準となります。そのため工事を行うに際して騒音・振動対策を十分に実施できる能力を有することが建設会社にとって重要です。より騒音・振動を抑えて効率的な工事を行うためには、国土交通省が指定する低騒音な機械を使用するなどの対策が求められます。

 

建設の有益情報

新着情報

↑PAGE TOP